08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MURMUR




イケレンの新曲です*

曲はテンプシーロールでもお世話になったヒダリガワすらっしゅさんです!
ヒダリガワさんが調教されるレンくんはいつもかっこよすぎます…(´///`)

イラストはソウノさんの描きおろしレンくんです✿
ソウノさんの描かれる絵柄が大好きすぎて、お願いしたところ、
かっこいいレンくんを描いてくださって、本当にビックリしたものです。


私自身至らない点が多々あり、完成までたくさんの時間と過大なご迷惑がかかっているので
とても思い出深い曲です。

動画最後の素敵サービスには、胸がきゅんきゅんすると思います(∩´////`∩)
ヒダリガワさんによるイケレンボイスと
ソウノさんによるイケレンをたっぷりとご堪能くださいませ!


✂-----------------------------------------------------------------


自分がつらい時に一緒に泣いてくれる人がいたらいいのにな

そんな私の願いからできた詞です。

幼馴染の男の子と女の子のお話。
彼女は昔はすぐ泣く泣き虫だった。
そのくせ僕が慰めるとすぐ笑い出す、きまぐれな子だった。
今泣いた烏がもう笑う、その言葉がピッタリな子だった。
しかし月日が流れていくうちに彼女は変わっていった。
泣かなくなり、作り笑いが増え、とうとう作り笑いでしか笑えなくなってしまった。

表では仲良くしていても、影で悪口を言っている友達。
顔を合わせるたびに喧嘩をする両親。
そんな毎日の中で彼女がふいに放った一言。
「人間なんて嫌いだ。だけどね、君は好きだよ。」
こびりついた作り笑い。
言葉の裏に隠されたSOSのコール。

昔みたいに笑ってほしい、泣いてほしい。
だれかの前が無理なら、僕の前で。
心のドアを開けたら、君は辛くなるかもしれないけど、
僕でよければその時そばにいさせてほしいんだ。

そんな願いをこめて。


歌詞の「警告音」には、踏切の警告音と彼女の心のSOS信号を
「言葉は影に飲みこまれた」には、
電車の影と嘘をついているもう一つの彼女が言葉を飲みこんでいく
というのを含んでいたりします。

タイトルの「MURMUR」とは囁き、呟き等いくつか意味がありますが、
この歌詞は心雑音(彼女の心のSOS信号)という意味で作成いたしました。

彼女にもう一度笑ってもらいたい一心の男の子の想いを感じていただけたら嬉しいです。



タイトルのことにて動画内で色々コメント頂いておりましたので、
追記にて色々とお話しさせて頂こうと思います。
コメントくださった方、一読頂けると幸いです。



この度は「MURMUR」をご視聴いただき、誠にありがとうございます。

歌詞をかいた私自身多くの方に観て、感じていただくことは何よりの喜びでございます。

が、この度はあまりにも見過ごせないコメントがたくさんありました。


勘違いされる方がいらっしゃるのも無理もないと思います。

いつも歌詞の解釈、タイトルの意味は大体このブログでお話しさせて頂いてます。

今回は私も忙しく、なかなかブログを更新出来ずにいました。

もし私が早くブログを更新し、それをコメントしていた方々が見てくださっていたなら、事態は防げたかもしれません。

投稿数日たって動画を観に行ったとき、あまりに酷いコメントが多すぎて、非常に悲しい思いをしました。


先ほど言わせていただいた通り、「MURMUR」というタイトルは、
心雑音(彼女の心のSOS信号)という意味で作成いたしました。

以前他の動画のタイトルが問題に上がったことがあり、それ以降タイトル被り等を防ぐため
歌詞を投稿する前は少なくとも一度は検索をかけるようにしております。

もちろん今回も調べた上でタイトルにしました。
「MURMUR」・「murmur」・「MURMUR オリジナル」で調べた結果、
被りもほぼなさそうで、
今回釣りといわれている動画は検索に引っかからなかったので
タイトル一部が同じということも知らず
そのままお話を進めて動画という形にすることができました。

この動画は「MURMUR」というタイトルであり、
「MUR」でも「mur」でも「murmur」でもありません。

表面上のものにだけ鵜呑みにして「MURMUR」の意味を調べずに
勝手なご発言はおやめくださいませ。

「MURMUR」はコメントで上げられているものとは一切関係ございません。

なのでこれ以上タイトルに関してのコメントは、お控え頂けますようお願いいたします。


どうか皆様の深いご理解を賜りますようお願い申し上げ
ヒダリガワすらっしゅ様の楽曲をこれからもご愛顧のほどをいただきたいと存じます。


§ionこと真想(しおん)

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : 音楽

Secre

Prof*

真想

Author:真想
ボカロ界の片隅で詞の真似事をしてたり。

ピアプロ
twitter

Mylist*

あなたへ届け。

New*

Comment*

Category*

Archive*

Link*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。